Perfumeファン、辞めようかな

それはそういう思考が働いたのではなく、
ほんの一瞬の感情の揺らぎ。

口に出して言うのも憚られるほど、ほんの一瞬の一瞬。


好きと嫌い
嬉しいと悲しい

は、隣り合わせな感情だと思っている。
更に付けくわえると、好きの対極は無関心で、嬉しいの対極は無感動だと思うんだ。

それは超個人的に思うだけなのだが。


だから、特に情緒不安定な時期なんかは、
感情のブレに相俟って「あぁ、辞めようかなぁ」なんて思う。


私が彼女らのファンを辞めた所で、彼女らのファンは他に沢山いるんだっていう拗ねもありつつ。

くどいようだが、それは本当に一瞬で。
次の瞬間には、そんな心の陰りは無くなっている。


少しまでは現れなかったこの感情の“ブレ”。

それが、この頃現れるようになったのは何故なのか。

まさか「醒める」なんてあり得ない。



それは多分、自立意識による作用なのだ。

多感な思春期の時期の、幾多の感情の矛先。
それが私にとっての「Perfume」である。

青春の大半がPerfumeといっても過言ではない。

単なる趣味の範疇を越えて、彼女らが好きだから。


つまり、思春期の自分=Perfumeファンである自分。

私はこのごろ、おそらく誰もが経験するように、
思春期の自分<=Perfumeファンの自分>からの脱却を計りたいと思っている。

モラトリアムの時期を終え、
殻を破りたいと。

そして、私は極端な人間だから「Perfume」という膜ごと殻を破らなければならないという変な意識を持っていたのだ。
だから端的にいえば、Perfumeファンを卒業することで、大人になろうとしたという感じだ。

別にPerfumeファンを辞めなくたって当たり前に自立は出来るのだけど、
自らの意志で自らを変えようとすると、今までの自分をクリアした状態にしなければ気が済まないという変な拘り?があって・・・。

う~ん、自分で書いておきながら意味不明なのだが、読んでくれている人に伝わるだろうか・・・

そもそも動機が曖昧なので。


まぁつまり、Perfume側に全く問題はなくて自分自身の問題ということです。

ここまでPerfumeファンを辞めようと感じるに至った経緯のようなものを自分の見解を交えてつらつらと書き綴って参りましたが。


ここでどんでん返しの予告です。


音楽のちからにて、長い待ち時間を経てPerfumeの出番がきた。

淡いパープルとホワイトを基調とした衣装を身に纏った可愛らしい出で立ちの3人が登場。

姿を見ただけで、なんとなく懐かしい感情。
(MJ以外の歌番組が久しぶりに感じられた)

周りの観客の、刺さるような視線。
ちょっとアウェーな空気をものともせず、歌い踊り抜く3人。

ファンらしき眼鏡男子のノリノリな姿に、GJ!もっとノってくれ!

観ているだけで心が躍って、
あまりに好き過ぎて心を削ぐ切ない想い。

あの感情が甦り、何故か泣けてくる。

やっぱり、ハマりたての熱中の時期と何ら変わらなく、私はPerfumeが好きだ。

あの衝動は、まるで恋だ。


歌唱が終わってからも、私はずっと泣いていた(笑)
泣く理由も分からずに、目の淵が痛むほどに涙を溢した。


CDTVでも彼女らは頑張っていた。
日々進歩を遂げるパフォーマンス。
でも根本はいい意味で変わらない。

他アーの歌唱時にもキャッキャと楽しそうに盛り上がっている姿に心和む。

一瞬でもファンを辞めようかなどと過った自分の何と愚かしいことか。

私はPerfumeファンというスタンスを保持したまま自立してみせる。
いずれ殻を破るときに、Perfumeの膜は絶対に傷つけない。

生涯Perfumeのファンで居続けることを、ここに誓います。




久々のブログが支離滅裂&こんなブログタイトルですみません。


ファンを辞めたりなんか絶対にしません!!

SamtとJPNツアーDVD発売の日が心から楽しみ!!
[ 2012/07/15 21:47 ] Perfume | TB(0) | CM(2)

何でしょうね、

一種の親離れみたいな感じでしょうか。
でもいくつになっても大人になっても、親は親…変えることは出来ない、一生親ですからね。
[ 2012/07/20 12:39 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

>>ぱふゅろ~たさん

ええ、ええ!!そういう感じです!!
Perfumeより年下の私が言うのもなんですが、3人の事を「親目線」で見てしまうんですよね。(笑)
親ゆえに無償の愛だし、いつかは離れなければ、という漠然とした危惧もあり。
そうですね。本当に仰る通りです。
一歩引いた所から彼女らを俯瞰することはあっても、心はいつも寄り添っていたい。
ファンは絶対に辞められないっていうか、辞めたくないです。
[ 2012/07/21 20:41 ] [ 編集 ]

Post a comment













Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

この記事のTrackbacks URL
http://pafujima.blog.fc2.com/tb.php/38-92eb51fe