移籍の噂…

現在の徳間ジャパンコミュニケーションズから
ユニバーサルミュージックへのレコード会社移籍が内定
したとの噂が界隈で吹き荒れていますが…

前もありましたよね、移籍の噂。
avexやら吉本やらw


今回の噂は本当なのでしょうか。
ソースは東スポだそうですが。

現在所属している徳間の方は、とりあえず商売下手。
You tubeなどの動画サイトにおける宣伝効果大の動画まで消し回ったり(再生回数が500万近くいったチョコレイト・ディスコのPVとか…)
取り決めなんだか知らんけど、私はかなり不満でした。
インターネットの動画が、国外にアピールするには一番分かりやすくて手っ取り早い方法だと思うし。

かのジョン・ラセター監督だって動画サイトでPerfumeの全てのミュージック・ビデオを見てとても好きになった、と言っていたじゃないか。
徳間サイドは世界進出は眼中にないのか、という。

他にも動画を公開日前に流出させてしまうというミスを冒したりと、
やる気あんのかよ…もっとPerfumeを上手くプロモーションしてくれよ、という苛立ちがありました。

移籍先のユニバーサルミュージックは外資系企業と聞き、
世界進出も具体的に話が進んでいくのではないかという期待もあって、
今回の移籍話、悪くないんじゃないか?と思っておりました。


しかし、あながちそうとも言い切れないのでは、という懸念も生まれてきました…


今まで貫いてきたPerfumeのスタイルー控えめなメディア露出、安定した売り方ーがガラッと変わってしまうのでは、という懸念です。
ユニバーサルミュージックは売上至上主義だそうで。

それを熱望するファンも多いかもしれません。

私だって、Perfumeの活躍をたくさん見たいと思いますし、宣伝量が増えることはそのまま売上アップに繋がるので歓迎すべきことだと思います。

しかし、昨今メディアにゴリ押しされているような芸能人は廃れも早いと思うのです…

宣伝されすぎると、擦り切れて消耗しちゃうと思うんですよ。
これは私の偏見ですけど、メディアから推されまくると、それに反比例するように
一般の好感度って下がる気がするんですよね。売上は稼げても。

素晴らしい魅力を持っているのに、メディアに出ずっぱりになって一般層に飽きられ嫌われるのは勿体ないと思います。

今までの売り方のような、ファンにとってはちょっと物足りないような、控えめな露出が丁度いいのではと思うのです。
多少の飢餓感があったほうが上手く生き残り続けられるんじゃないかなぁって…。


今回の移籍話が本当なのであれば、それがPerfumeにとって吉と出ることを祈るばかりです。


まぁ、Perfumeがどんな方向に向かっても絶対ついていくけどね!

頑張れPerfume.

pf7560.jpg
[ 2012/02/25 22:55 ] Perfume | TB(0) | CM(0)

Happy birthday to A~chaaaaaaaaaan!!

あ~ちゃん、誕生日おめでとう!!

pf8137.jpg

画像デカすぎるけど、よりあ~ちゃんで視界がいっぱいになって幸せ←

最近一段と綺麗になって…無理はしていないですか。
おじさんはそれだけが心配です。



明るく朗らかな所とか。
ウィットに富んだ楽しいトークとか。
ファン想いな所とか。
情に厚く、涙もろい所とか。
努力家な所とか。


他にも色々大好きな所はあるけれど…


なによりも、


あ~ちゃんの笑顔が大好きです。

07c31413245e3e6dad66-LL.jpg


感極まって泣いている顔も可愛いけれど、
やっぱり笑顔が一番。
あ~ちゃんの笑顔を見ていると、
弱っている時でも、無条件に元気になれるんです。


もしもあ~ちゃんがいなかったら、Perfumeって無かったんだよなぁ。

これから先も、のっち・かしゆかと3人でPerfumeで居続けてほしいです。

記憶のページめくるたびに、笑顔こぼれるように。
あ~ちゃんの幸せを祈っています。


本当に大好きだあああ!!


[ 2012/02/15 18:44 ] あ~ちゃん | TB(0) | CM(0)

Perfume色に染まるまで…

突然ですが、私の、Perfumeとの出会いからファンになるまでの経路を語りたいと思います。




NHK広告機構のCMで、不思議な曲に併せて不思議なダンスを踊る不思議な魅力の持った彼女らを初見。
この時、何となく気にはなったけれど特にCDを買う等のアクションは起こさず、スルーしてしまう。

それから時が経ち、母がPerfumeのセカンドアルバム「GAME」を借りてきた。
今でこそPerfumeを熱烈に応援しているのは私の方だが、実は先にPerfumeに目をつけたのは母であった。

CD-ROMにダビングしたGAME(後に初回盤を購入する)を聴き、
Perfumeの良さに気付き始める。
それからたびたびPerfumeの曲を聴いて心を和ませていた。
部活の先輩にもPerfumeを好きな人がいたため、Perfumeの曲やかしゆかの可愛さについて軽く語ったりした。


気になる子ちゃんの放映時間には必ず間に合うように帰路を急ぎ、パフュロクも聴き始め…。
ディープではないものの、Perfumeを好きになりだしていた。
だんだん好きになる気になる好きになる…


それまではPerfumeの曲しか興味がなかったのだが、ある時を境目にふとメンバー同士の関係性やそれぞれの人間性など深い部分について興味が湧き、ネットでひたすら情報収集をし始める。

クールなお姉さん、と思っていたのっちが意外と天然な噛み様であることが分かり、
ぶっ飛んでて天然系、と思っていたあ~ちゃんがしっかり者でファン想いの天使であることが分かり、
妹系でふわふわ系、と思っていたかしゆかがPerfumeのまとめ役を担う可愛い小悪魔であることが分かった。

メンバーがこれまで歩んできた軌跡をたどって泣いた。
メンバーの深い絆に泣いた。

道夏大陸に泣かされた。

Perfumeのサクセスストーリーに深く感銘した。

動画上で観る、ライブでの圧倒的なパフォーマンスにも心を奪われた。


その後もネットでPerfumeについて調べまくり、私は俗に言うバーチャル古参の域に達していた。


以後、
メディア露出の情報が入れば必ず追い、
過去に出したCDやDVDも新品を買い求め、
P.T.Aにも加入し、日常はすっかりPerfumeに染まっていった。

そして、現在に至る。

嬉しい時も悲しい時も、日々の中に常にPerfumeが寄り添い、生活の一部に…。


今のようなコアなファンになったのは時期的には不自然なガール/ナチュラルに恋して発売後あたりなので、
超新参です。
でもPerfumeに対する熱い思いは誰にも負けていないと思います!!

こんなぱふゅ島をこれからもどうぞよろしくお願いします。

[ 2012/02/10 17:37 ] Perfume | TB(0) | CM(1)

草原を駆ける、黄金の風

昨日は新潟の朱鷺メッセで公演でしたね(*^_^*)
残念ながら行けませんでしたが、とても素晴らしいライブだったことでしょう。
来週は福岡ですね!いいな!行きたい!
切実に遠征したい・・・





私事ですが、今日は動物園に行ってきました。

何を隠そう、私はライオンが大好きなんです!!


地球上で最も美しい動物と思っています。


獲物を狙うときの鋭い目つき。
大きな顔の周りを覆うリッチなたてがみ。
足腰についた極上の筋肉。

どこのパーツも美しい。逞しい。王者の風格。


画像や動画を見ているだけでは飽き足らず、とうとう逢いに行こうと決意したのが金曜日。



私「日曜日、多摩動物公園行こ!(唐突)」

妹「あ、いいよ♪」

すこぶる軽い妹の返事。
絶対、面倒そうな顔でいやだと言われると思っていた。
軽く拍子抜けである。

私が逆の立場だったら断る(笑)


友達を誘ってもよかったんだが、ちょっと言いづらい。
高校生にもなって動物園行こうなんて…ねぇ(笑)

妹がOKサインを出してくれたから良かった。


姉孝行な妹を引き連れ、多摩動物公園へ。

tamado-2

日曜日だけど、結構空いていた。

寒いからか。

親子連れが多かったなぁ。
その次にカップルが多かった。
一人で来ている、写真家みたいな人もチラホラ。
一眼レフを持っていると、ただのオジサンでも眩く見える。



入口で配られた地図に目をやり、すぐさま見つけたライオンの文字。

他の場所には目もくれずライオンバスに直行。

まぁまぁ並んでいた。

待ち時間も、展示されたライオンのパネルを撮る。


それはもうバシャバシャと。林家パー子の如く。


やがて順番が巡り、ライオンバスに乗車。

車内に低く轟くライオンの鳴き声に興奮する。
窓の淵に仕掛けられた生肉の塊に興奮する。
これを、ライオンが食べにくるのか。



バスが動き出し、ゆっくりと進む。

一匹のメスライオンが近寄ってくる。

tamado-5



私の目の前の肉に食らいつく。

ガブリ、という勢いはなかった。
ペロリ、といとも簡単に肉を飲み込んだ。

静かで、刹那的な動作だった。

それを私は、瞳に焼くより写真に収めた。



その後も、何頭かのライオンを間近で見たが、正直そこまでの感動はなかった。

ここに来るまでの期待が大きすぎたのだ。


なんか、ライオン君たち元気がなかったなぁ。
みんな寝てたなぁ。

仕方ないよね、今日寒いもん。

それでも、生のライオンはかっこよかった。

率直に言って、ライオンは顔が好み。
かっこいい。



ライオンバスを降車し、その後園内をぐるぐる~っと回る。

一種につき一枚は写真に収めた。

森の人・オランウータンはかわいい。

tamado-7


キリンもかわいい。

tamado-3


コアラが起きて、ユーカリ食べてた。レア?

tamado-6



一通り見尽くして、最後にお土産やさんでライオンのキーホルダーGET。
妹はキリンさん買ってた。


次はサファリパーク行きたいなぁー。

願わくばアフリカに行きたいけど!

…でもそんなお金があったら、パフュに貢ぐ(笑)
[ 2012/02/05 21:15 ] 日常 | TB(0) | CM(1)

Perfumeの歌詞はわかりにくい

Perfumeの歌詞はわかりにくいよね、と友人の誰かが言った。

その友人の口調は決してPerfumeの楽曲をけなそうとしているのではなく、
ただ思ったことを気まぐれに投げかけるような口調であったから、私は特に気を悪くするでもなく。
適当に、ああ~と相槌を打った。


確かに、曲によっては理解の難しい歌詞もあるし、
素直に共感しにくいものもあるといえばある。


妙な納得であった。


Perfumeの歌詞がわかりにくいという理由を、
友人はPerfumeの代表作「ポリリズム」を例に挙げて簡単に説明した。

「だってさ、<プラスチックみたいな恋>って何だかわからなくない?
あと、僕の気持ちも巡り巡るって所もさ、なんかイメージしにくいし。」


抗弁しようとしたが、何も言えずに言葉を詰まらせた。

プラスチックみたいな恋って、確かに何なんだろう…。

友人の何気ない問いの答えはすぐに見いだせるものではなく、帰宅してからの宿題となった。





繰り返しになるが、プラスチックみたいな恋って、なんだろう。


無機質な恋を表現しているのかな。

そもそもポリリズムは、NHK広告機構のCMの内容に合わせて作られた曲と思う。

リサイクルはちゃんとしようねっていう。


捨てられたゴミは、リサイクルによって新たな資源によみがえる。

<ほんの少しの僕の気持ちも巡り巡るよ>
という箇所もそれを踏まえての表現なのだろうと思う。



ポリリズムの歌詞を語るとしたら。

漠然としたイメージで捉えるしかないから、多者多様に見解があるだろう。



Perfumeの歌詞は、わかりにくい。

でもそこが、Perfumeの歌詞においての最大の旨味だと思う。


わからないから、思考する。
あれこれと想像を膨らまし、自分なりに答えを見出そうとする。
その過程が、実はたまらなく楽しい。
見出した答えが自分の脳裏に像を結んだときの達成感、多幸感ときたら。

湧き上がるイマジネーションの泉が、空気中に弾ける爽快感。

読み手側に解釈が委ねられることで、歌詞の可能性は無限大になる。


ちょうど私たちの世代に受け入れられるような、ド直球のラブソングもそれはそれでいい。
そういう歌にもまた、良さがある。

でも、そういう人たちにこそPerfumeの曲も聴いてほしい。

綿密な情景描写のない、わかりにくいけど何らかの意味がありそうな歌詞に対面したとき、
私たちはただの受け手側ではない。
[ 2012/02/03 20:40 ] Perfume | TB(0) | CM(2)